明けまして

子供のころからただただ好きだった

 

鬱屈としたトンネルを抜けると突き抜ける青

ゆっくりと動く入道雲

逆に静けさを感じさせるようなセミの大合唱

 

風呂上がりの夜の風の匂い

むせ返るような草いきれ

 

そして

あっけらかんと バカみたいに大地を照らす太陽

どこまでも受け入れるように

突き放すように

 

圧倒的な日差しの下

僕らはまた会うのでしょう

 

 

 

夏と夏に会える仲間に愛を

 

 

 

夏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

all in all is all we are

ken