象と池


Posted on 1月 31st

井の頭公園には動物園があるのをご存知か

齢66のおばーさんのアジアゾウのはなこちゃんがいて、

阿呆のように同じステップをエンドレスに一日中繰り返しています

 

「あたしこのステップを極めるのよ!」

と静かに心を決めた無口なダンサーのようだなぁと妄想したり、

大自然の中で生きるべき生き物が人間の一生分も塀の中にいればおかしくなるのかしら

などと嘯いてみたり、

ゆ〜〜〜くりとした時間の中、ちょっと廃れ気味だけれど地域密着で悪い感じのしない動物園の象の前では

心地のいい時間が流れるものです

 

いかれてない方はお天気のいい日にぜひ

なんたって400円ですから

 

 

どうも、最近吉祥寺の自然環境にくわしくなりました木曜blogとビール担当のkenです

 

吉祥寺の井の頭公園にある一周1.5kmの井の頭池は

むかしそれはそれは綺麗だったそうな

二日で池の水が入れ替わるほどの湧き水の量で、とても澄んでいて

海辺の街である江戸の街の水源として上水を引くほどの豊かなものだったそうです

それが、明治以降の開拓において

地下をようけ掘ったもんだっけ、

したり、畑ば減って雨水さ地下に流れんようになってもうてな

地下水位おば下がってもうたんだと

したらばこっち、湧き水さ枯れてもうたんだと

そいだら流れのなくなった池は濁り、悪臭を放つまでになってしもうたんや

ほんでからに、地下水をばポンプさで汲み上ぎゃーてから池に戻しておるんだそうだす

ほんでもいい頃のなんぼのもんでもないようでな

 

台風の大雨の時に、地下水位がグンとあがって一週間だけ池の水さ、水底が見えるほど澄んだんだと

本来武蔵野や多摩地区は地下水の豊かな土地だっぺ

枯れた水源の下には巨大なダムさあることに気づかされる出来事だったそうな

 

とまぁなんとなく訛ってきてしまいましたが

そんなことを井の頭公園の動物園の分園の水生動物館で勉強しました

雨水を地下に帰すべく、雨水が浸透する升(職人時代よく扱いました)を家庭に導入したりいろんな取り組みがなされているそうです

こういう所に税金つかってほしいな〜と思う次第です

なにか出来ることはあるのでしょうか?

 

 

うん、  まずは知ることから

 

 

また、池の鯉にエサをあげるのも水質汚染の大きな原因なんだそうです

知ってました〜?

恥ずかしながらワタシは知りませんでした

これからはエサをあげないようにしようと思います

 

 

 

とてもいい所でした

淡水の魚の水槽も見事で、童心にかえったりしました

みなさん井の頭動物園にいく際は、水生動物館もぜひ

生ビイルも飲めるんですよ?

なんたってセットで400円ですから

 

 

はなこ

 

 

 

life is beer

ken







Stuff Blog

マヒカマノスタッフが更新中!