「生きる」 谷川俊太郎

 

小学生の時

国語の時間に聞いた記憶があります…。

 

 

今、生きている事に感謝し大切にしたいと思いました。